TOP > 専攻・コース紹介 > グローバルエンジニアコース > 国際機械工学プログラムの学習・教育到達目標

専攻・コース紹介

国際機械工学プログラムの学習・教育到達目標

国際機械工学プログラム(グローバルエンジニアコース、Jコース)の学習・教育到達目標

  1. (A)専門家としての自覚
    1. (A-1)社会人としての知識とモラル: 技術者である前に、立派な社会人として社会に貢献する意識をもち、国際人としての世界観を身につける。
    2. (A-2)技術者倫理: 技術者としての倫理と専門家としての責任を身につける。
    3. (A-3)国際性: 日本および国際社会における出来事を、正しく理解する能力を身につける。
    4. (A-4)コミュニケーション能力: 日本人あるいは外国人を問わず、会話・記述・電子メールなどを活用したコミュニケーション能力を身につける。
    5. (A-5)健康管理と自然・生態系への理解: 健全な判断力を持続するために、健康なる身体を維持・増進することの必要性を理解し、その方法を身につける。

  2. (B)工学基礎科目の修得
    1. (B-1)工学基礎知識とその応用能力: 数学、自然科学および情報技術に関する基礎的知識を修得し、それらを問題解決に応用できる能力を身につける。
    2. (B-2)技術的問題を分析する能力: 数学、自然科学および情報技術に関する知識と応用能力に基づいて、数値情報、図表による表現などを使って技術的問題を分析し、解決に導く能力を身につける。

  3. (C)機械工学専門科目の修得
    1. (C-1)機械技術・機械工学の基礎知識: 機械技術と機械工学の基礎知識を修得する。
    2. (C-2)技術的問題解決に応用する能力: 機械技術・機械工学およびその他関連技術分野の基礎知識を技術的問題解決に応用できる。
    3. (C-3)機械設計に関するデザイン能力: 限定された条件の下で、省エネルギー、省資源を念頭において、設計できる能力を身につける。

  4. (D)総合技術能力の養成
    1. (D-1)社会の要求に応えるデザイン能力: 人文・社会科学、数学、自然科学、情報技術、機械工学の知識を総合的に活用して、社会の要求に応えるデザイン能力を身につける。
    2. (D-2)総合的なコミュニケーション能力: 口頭発表、論文発表、質疑応答などの総合的なコミュニケーション能力を身につける。
    3. (D-3)自主的・継続的に学習できる能力: 各科目を通して、復習、宿題、調査、実験など自主的・継続的に学習できる能力を身につける。
    4. (D-4)チームワーク: チームを編成して協力・協調しながら計画的に仕事をまとめる能力を身につける。


  5. 学習・教育到達目標の水準:
    1. 機械工学専門科目においては、技術士一次試験合格レベルに水準をおいている。
    2. 3年次の「科学技術英語」では、FE(Fundamental Engineering)の試験問題を教材として使用し、水準を維持する。