TOP > 専攻の紹介 > グローバルエンジニアコース > グローバルエンジニアコースカリキュラム

専攻の紹介

グローバル,エンジニア,カリキュラム

国際舞台で活躍する人材を育てるJABEE認定プログラム

グローバルエンジニアコースの特徴

Jコースは機械工学の基礎知識を身につけ、コミュニケーション力を駆使して国際的にも活躍できる機械技術者を養成するコースである。日本技術者教育認定機構(JABEE)の認証を受けたプログラムであり、このコースの修了生には、技術士第1次試験が免除される修習技術者の資格が与えられる。  1年次においては、JコースとSコースの区別が無いため、1年次の配当科目に関してはSコースに書いた内容の通りである。 2年次には、Jコース専用必修科目、応用力学J、機械力学ⅠJ、材料力学ⅡJ、材料力学ⅢJ、流れ学ⅠJ、流れ学ⅡJ、熱力学ⅠJ、熱力学ⅡJが開講され、これらの専門基礎科目において密度の濃い内容の学習ができるようになっている。なお、Sコース同様、設計に必要な基礎知識とCADを含む製図のスキルを身に付けるため、上記の座学以外にも必修科目として、機械設計法Ⅰ、機械設計法Ⅱ、加工学Ⅰ、機械製図Ⅰ、機械製図Ⅱが開講されている。 3年次では、Jコース専用の必修科目の伝熱工学J、制御工学J、機械設計製図、機械応用実験、機械英語Ⅰ、機械英語Ⅱ、また選択科目として、学生自身の発想に基づく創造実験、4年次の卒業研究Ⅱと合わせて2年間の卒業研究ができる卒業研究Ⅰなどが置かれている。その他、Sコースと共通の必修、選択必修、選択科目を履修することにより、Jコースではグローバルエンジニアとしての素養を身につけることができる。