TOP > 専攻の紹介 > クリエイティブエンジニアコース > クリエイティブエンジニアコース特色

クリエイティブエンジニアコース

『機械製図』や『創造設計』などの体験型科目を通して、コンピュータを活用した機械設計のセンスと、創造的なデザイン能力を身につけます。体験型科目と併せ、機械工学の主要分野を網羅する幅広い科目を自由に組み合わせて学ぶことで、応用力のある機械エンジニアを育てます。

クリエイティブエンジニアコース入学からの流れ

日本技術者教育認定紀行認定の教育プログラムを実施

まずは全般の基礎を『機械工学プロジェクト』で体験
1年次から全員が『機械工学セミナー』『機械工学プロジェクト』『機械製図Ⅰ』などの実践型授業を学び始めます。『機械工学プロジェクト』では、旋盤や溶接の技術実習から製図、機械製品の分解・組み立て、機械メカニズムの原理を理解するための実験など、機械工学のさまざまな要素を体験。自分の興味や適性を感じ取りながら、次のステップへとつなげていきます。
アイデアづくりからモノづくりを学ぶ『創造設計』
クリエイティブエンジニアコース3年次の必修科目に指定されている『創造設計』は、アイデアづくりから設計を学んでいくユニークな体験科目です。「ものを持ち上げる機械をつくろう」「感情表現をする機械をつくろう」などの課題に対して、アイデアを思い浮かべるところからスタート。そしてスケッチや模型を作って具体的な形にし、さらに「実際に作れるか」「機械として動くか」などの検討を加えながら設計図を完成させていきます。
クリエイティブエンジニアコースについて