TOP > 専攻の紹介 > クリエイティブエンジニアコース > クリエイティブエンジニアコースカリキュラム

クリエイティブエンジニアコース

クリエイティブ,エンジニア,コース,カリキュラム

機械設計センスと、創造的なデザイン能力を身につける

クリエイティブエンジニアコースの特徴

Sコースは、機械工学の基礎知識を身につけ、創造的に機械および機械システムを設計できる素養をもった機械技術者を養成するコースである。

1年次では、導入科目である機械工学セミナー、実習実演科目である機械工学プロジェクト、コンピュータ基礎、プログラミングⅠ、専門基礎科目で最初の講義科目となる材料力学Ⅰなどを通して、基礎から体系的・体験的に機械工学とは何かを学び、コンピュータ教育を含む機械技術者としての素養を養う。また、分類Ⅱの科目によって数学、物理、化学など自然科学の基礎を身につける。

2年次においては、選択必修科目である、応用力学、機械力学Ⅰ、材料力学Ⅱ、流れ学Ⅰ、流れ学Ⅱ、熱力学Ⅰ、熱力学Ⅱによって機械工学の基礎知識を身につける。また、設計に必要な基礎知識とCADを中心とした製図のスキルを学習する、機械設計法Ⅰ、機械設計法Ⅱ、加工学Ⅰ、機械製図Ⅰ、機械製図Ⅱ、3D-CADを必修科目としており、設計製図の基礎が十分に身に付くカリキュラムとなっている。なお、これらの設計製図系科目以外にも、必修科目として機械及び電気工学実験が配当されており、基礎的な内容ではあるが、機械技術者としての総合的な力を磨くことができる。

3年次では、必修科目の創造設計Ⅰと、これに続く選択必修科目の創造設計Ⅱが開講されており、創造的な機械設計の手法と図面化を学ぶ。このように、Sコースでは、機械工学の係わる幅広い分野において活躍できる機械技術者としての素養を身につけることができる。