TOP > 専攻の紹介 > 航空宇宙学専攻 > 航空宇宙学専攻ではこんなことが学べます

航空宇宙学専攻 2009年4月開設

航空宇宙学専攻ではこんなことが学べます

航空学

卒業後は航空宇宙産業を中心に、幅広い活躍分野が
航空機の開発・製造の機運が日本でも高まっており、いくつかの企業では具体的な研究開発や販売活動が始まりました。航空機の製造は欧米の企業がリードしていますが、先端技術の複合体である航空機の開発は国境を越えて進められています。航空宇宙学専攻で学ぶことによって身に付けたエンジニアとしての実力と英語コミュニケーション能力は、海外の企業と連携して研究開発を進めるうえで大きな力を発揮するでしょう。さらに海外と関係のある企業だけではなく、海外進出や製造拠点の海外移転が進む国内のあらゆる企業でも同様であり、卒業後は航空宇宙産業を中心とした幅広い分野での活動が期待できます。
操縦経験のあるエンジニアを育てる、
航空機操縦実習
航空機や航空システムの開発に携わるエンジニアにとって、実際に自分の手で大空を飛んだ経験があれば、それは非常に大きなメリットとなります。しかし、現状ではそのようなエンジニアはほとんど見当たらないといっても過言ではありません。米国で行われる航空機操縦実習に参加することにより、この貴重な体験を将来にわたって生かすことができます。さらに米国の操縦免許(FAA自家用)をしゅとくしたり、本学卒業後に国内の航空会社のパイロット職を目指すといった選択も可能です。
学内にフライトシュミレーターを設置
飛行機の操縦操作を安全に訓練できるフライトシュミレーターを、航空宇宙学専修の実習用として新たに設置します。

宇宙学

大きな夢と可能性がある、宇宙に関わる技術開発
自動車に搭載されているGPSやテレビの衛星放送など、人工衛星はすでに私たちの日常生活で大いに活用されており、今後さらに衛星との通信や情報の分析にエンジニアが必要となります。しかし、宇宙に関わる技術開発はまだ始まったばかりで、エンジニアにとっては「無限の可能性を持った夢のフィールド」といえるでしょう。例えば、科学合成物質や合金などの新素材を開発する際に、重力の影響を受けない宇宙空間なら、地上では不可能な実験も可能になります。
また非常に高い上空では空気抵抗が極端に少ないため、地磁気とソーラーパワーを動力源にして長期にわたって飛び続ける無人飛行体の研究開発も進められています。いっぽう、地球温暖化ややオゾン層の破壊などの環境問題の解決には地球規模での取り組みが必要であり、これも宇宙工学が貢献できる分野の一つです。このように、宇宙工学も幅広い分野を対象としており、卒業後はさまざまな産業分野で活躍することができます。