TOP > 研究室紹介 > 研究室の紹介

研究室紹介
  • 材料・加工系
  • 機力・制御系
  • 流体・流体機械系
  • 熱・エネルギ系

材料力学とは、力学の一分野でありますが、物体の運動について扱うことはありません。
ものには強度というものがあります。同じ材質でもしようする用途、場所に応じて強度は変化します。
これらの強度を調べるため静止した構造材に負荷を加えたときの変形、そして破壊の原理を研究します。

奥村研究室

宇宙空間!この厳しい環境に耐えうる構造物とはいかに?

主な研究分野
■自動車
■新素材
■航空・宇宙

HPへ HPへ
高橋・吉岡研究室

航空宇宙機器を支える新素材!
その要求される条件は?

主な研究分野
■新素材
■振動
■人工知能

HPへ HPへ
今井研究室

ナノ製品は何故あんなに小さいの?
マイクロ加工が生活を変える。

主な研究分野
■マイクロ・ナノ加工
■超音波振動複合加工
■精密工学

HPへ HPへ

機械の各部分に働く力と,各部分の運動との関係を研究する学問です。たとえば、鉄道車両や自動車の「乗りごこち」や「運転性能」。これらは往復動内燃機関の不釣合力・回転体の不釣合力・機械振動などを計算することにより、人間に与える衝撃や振動を調べ、より快適に過ごせるよう研究しています。

有川研究室

ロボットはたどり着けるのか?
いざ災害事故現場の危険個所へ

主な研究分野
■ロボット工学
■多自由度機構設計
■移動ロボット

HPへ HPへ
大久保研究室

航空宇宙の運動と振動の制御を極める!


主な研究分野
■航空宇宙工学
■飛行の力学と制御
■運動と振動の制御

HPへ HPへ
川島研究室

人と地球に優しいシステムを目指す川島研究室

主な研究分野
■メカトロニクス
■感性工学
■太陽エネルギー利用

HPへ HPへ
小机研究室

自動車の室内騒音や深いな振動を減らせ!

主な研究分野
■音響
■振動
■自動車

HPへ HPへ

水や空気はなど人間の生活に必ず必要なものです。
これらの力学的挙動を比較的簡単な理論によって説明し、力、圧力、応力などを求める研究をしています。
また、この力を応用し、より効率のよいポンプや空気シリンダーの開発をしています。

岩永研究室

魚のひれがヒント!
水中生物の敵・スクリューを変える!

主な研究分野
■流体工学
■バイオメカニクス
■環境流体工学

HPへ HPへ
木村研究室

飛行機の翼、風車の羽根、これらを危険にさらす着氷を取り払え!

主な研究分野
■流体工学
■自然エネルギー利用工学
■寒冷地設営工学

HPへ HPへ
中根研究室

花粉はどこへ飛ぶの?渋滞は何故発生するの?物の移動を科学する。

主な研究分野
■流体工学
■環境流動
■数値シミュレーション

HPへ HPへ
根本研究室

あらゆる”ものの流れ”を良くすることで、効率UP!

主な研究分野
■流体工学
■環境
■福祉機器

HPへ HPへ

熱エネルギーは、人間のあらゆる活動を成り立たせるために必要不可欠なものです。現代社会には熱エネルギーを利用した有用な機械が多数あります。これらのエネルギーを有効に利用するための技術開発は、人類の永続的な繁栄と持続可能な社会の実現のために、避けては通れない課題となっています。

佐藤研究室

地球温暖化待ったなし!これをくい止めるため、物質の性質を研究する。

主な研究分野
■熱工学
■熱物性
■冷凍空調

HPへ HPへ
林研究室

シミュレーションによる燃焼現象の解明!

主な研究分野
■燃焼工学
■数値シミュレーション
■環境

HPへ HPへ
矢田研究室

自然エネルギーで、未来の電気・熱供給システムを救え!

主な研究分野
■環境
■自然エネルギー
■地震予知

HPへ HPへ